2005年12月27日

「一般株主の犠牲の元に拡大路線を続けている!」ホリエモンの涙

ホリエモンこと堀孫貴文氏率いるライブドアの株主総会。
株主からつきつけられたのは、
「時価総額世界一でなく、収益率および配当率世界一を目指すべき!」
という、堀孫氏の経営戦略に真っ向から反対する言葉。

堀孫氏の取締役再任を反対する声も上がった総会で、
2005年流行語大賞『想定内』を産んだホリエモンの目元からは想定外の……。




          ◎          ◎           ◎




この日の注目は、株主側から出された「1株2円で配当すべき」という、
ライブドア史上初の配当を求める提案。


同社は2000年4月の上場以来、配当を出しておらず、
社長として進行役を務めていた堀孫氏自らが、
株主からの発言に対し直接熱弁をふるった。



ホリエモンは、今後も積極的なM&Aを行うのに内部留保の充実は
欠かせないと説明。


「現状はダイナミックな動き、ダイナミックな成長が期待できる。
この時期を逃したくない」と強調し、株主への利益還元は会社を成長させ、
株式時価総額を上げることで実現できると強調。


株主からは厳しい指摘も。


ホリエモンが子会社であるライブドア証券が
みずほ証券のジェイコム株誤発注問題で利益を出したにも関わらず
それを強制されない限り返還しないと言い放ち、さらには株主配当も無配としたから。


これには株主も怒りだしホリエモンの退任を叫ぶ声も。


「堀孫社長だけ取締役の再任に反対したい。自分の利益ばかり考えている」
という発言には、さすがに動揺。

思わず「涙が出てくる。ずっと株主のことを考えてやってきた。情けない…。
そういうことを言われないように頑張る」と泣き声で反論する場面も。

 

結局配当案は否決され、取締役人事などはすべて会社側提案で可決し総会は終了。



          ◎          ◎           ◎


強制されない限り返還しない!!!


強気ですねぇ。


法律に触れないことは正しいことっていう哲学なんでしょうね。


商売する上では大切なことなのかな?

ついていけない……。

↓ポチッ!心から感謝します。
banner_03.gif


posted by 鉄人ママ at 17:20| 大阪 ☀| Comment(15) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとう。返信TBしようとしたんですがなぜかできませんでした・・
Posted by gin at 2005年12月28日 09:18
ginさんへ
申し訳ないです。

そういう方には、もし、よろしかったら、
コメントに記事の冒頭部分とURLはってもらって、対応してます。
Posted by 鉄人ママ at 2005年12月28日 11:00
と言うより〜あの辺の人達(高学歴者)は、法律が全く正しいとは思っていないんでしょう。

正しく法律を導きたいという意識の方が強いのでは?
高校時代の京大法学部の家庭教師だった方は未だに法律より我が正しくいかに早く法律を正しくつくるには〜〜などと考えてるのではと疑いたくなるほど自分が正しい人でした。
今は彼はコンピュータのソフト会社を営んでるはずです。
似たもの同士でしょっ。
Posted by ahopar at 2005年12月29日 09:59
戦後60年の中で自由・人権・平等が本来の意味よりも、過剰な解釈によって失われたものが在ります。元来日本人の持つ独特な道徳感や秩序の崩壊です。偽装問題もしかり。金儲け主義の典型ですね。恥の文化の喪失とも言えます。
自分に恥ずかしくない生き方をしたいものです。

Posted by あきらN at 2005年12月29日 13:19
ahoparさんへ
法律を如何に利用しようかとだけ考えているのでしょうね。
Posted by 鉄人ママ at 2005年12月29日 18:16
あきらNさんへ
>>元来日本人の持つ独特な道徳感や秩序の崩壊です。

それを取戻す方法はないのでしょうか?
Posted by 鉄人ママ at 2005年12月29日 18:18
取り戻す方法。すべてに共通するのが、教育だと感じます。国をあげての教育の建て直しが急務です。しかし、現実は教育問題は票にならないから、誰もやりません。
信念の欠如ですね。教育を叫ぶよりも、福祉のほうが優しく見える。教科書に関われば、右のレッテルを貼られます。
当たり前の救う会の活動ですら、右と呼ばれます。悲しいですね。もう、ここまで駄目になったら、現実的では有りませんが、私は徴兵制も考えます。

ホリエモンは“親に育てられた借りは返した”と言いました。しかも全国ネットです。
親の御恩を貸し借りで平気で表現できる鈍感さ、とても代議士の資質ではありません。
ノリだけでの投票はお止め頂きたいものです。


Posted by あきらN at 2005年12月30日 15:50
教育は大事ですが、日教組や教科書検閲問題なんかを考えると気が遠くなりますね。

私は財団法人民族芸術交流財団の仕事を手伝っていて、日本文化の保護やら、復興やらいろいろやらないといけないのですが、

根本的な問題として、教育委員会には辟易としますね。
Posted by 鉄人ママ at 2005年12月30日 16:08
うちの会社は関西有名私立大学の院生を最近よく採用してるんだけど、ちょっと足りないし、足りてないことを分かっていない。

そういう自分もバブル世代だけど。
中学、高校時代に、仕事で飯食う意識が欠けてたし、
目標がなかった。

目標がないから、中途半端。


たぶん彼らも自分と同じ。








Posted by なす at 2005年12月31日 00:57
背景はわかりませんが、たった2円配当しても っていう感想。質問者はフジの方?

せっかくフジから大金(1200億でしたっけ)せしめたのだから、その金で会社に身をつける時期だと思います。


うちの会社は15円配当なので、オーナー一族はホクホクです。だれも文句言わないけど。でも、ホリエモンの立場なら2円配当したらしたで、バッシングをうけるのでは。





Posted by なす at 2005年12月31日 01:30
扶桑社の教科書は近隣諸国条項により、中国・韓国・日本のマスコミから批判を受けています。教育委員の選出は首長の権限です。
私も陳情・請願で奔走しました。しかし、議会で2度も可決されましたが、教科書採択には至っておりません。
教育界を日教組に牛耳られた、そのつけは計り知れません。市販本が出ていますので、是非お子様にも見せてあげて下さい。

民族芸術交流財団ですか、素晴らしい活動ですね。日本の独自の歴史ある伝統・文化を保存し、伝承することは、いわば国民の使命ですね。
現在海外では、伝統文化だけでなく、アニメキャラクター、食品、ゲームが無断でどんどんコピーされ堂々と売られています。
政府は威厳を持って対処すべきです。
Posted by あきらN at 2005年12月31日 12:22
なすさんへ

ホリエモンについてはなんか宇宙人みたいで
感想ももてない感じです。
理解できない人種です。

きっと、そういう人がこれから増えていくんだろうけど。
Posted by 鉄人ママ at 2005年12月31日 13:12
あきらNさんへ
日本人の中に忘れられていく大切なものを掘り起こし、日本文化といって、忌み嫌われている風潮をドンドン突き崩していく仕事だと思っています。

もし、ご協力いただけるのでしたら、日本文化ウィキィhttp://wikiwiki.jp/nihon/に書き込みをお願いします。

残念ながら、今、メンテ中ですが。
Posted by 鉄人ママ at 2005年12月31日 13:16
是非、覗かせて頂きますね。
あ、本当だ。メンテ中。
お気に入りに入れました。
Posted by あきらN at 2006年01月01日 14:24
メンテ中でしょ!

仕方ないけど、立ち上げてすぐだから、イライラです。
Posted by 鉄人ママ at 2006年01月01日 18:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

《ライブドアのプチ株主の一言 その139》
Excerpt: やはり無配当でした。
Weblog: ★☆どんちゃんのプチギャンブラー☆★
Tracked: 2005-12-28 06:45

脱線の悲劇・ホリエモンの涙?
Excerpt: 年末のどんづまりまでいろいろありますね。なんといっても秋田から新潟に向かっていた
Weblog: ロック詩人・辻元よしふみのブログ
Tracked: 2005-12-28 07:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。