2006年06月07日

いい塩梅

疲れてる。

何かを書こうとしても、どれもおもしろくないと思う。

ネタを探してネットサーフしてたら見つけた写真。

今日はこれで勘弁

「いい塩梅」


↓ポチッ!励みになります。
banner_03.gif


posted by 鉄人ママ at 21:28| 大阪 | Comment(8) | TrackBack(0) | 頑張れないとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・なら

「いい塩梅」だ!!!

では?なぜ塩と梅なんだろう?

梅の漬け時が語限かい???

知ってる???
Posted by 写真だけを・・・評価?パー at 2006年06月07日 23:54
↑知るかそんなもん!!!

ママさん、素敵な彼ち調達して少しだけでも
飲んだりとかぁして、楽しんだらいいのに。
彼ち調達する元気もないんだろうか?

知ってる???
Posted by さくら at 2006年06月08日 00:51
>誰ですか”しおうめ”なんて読んでるのは!
この漢字は”あんばい”と読みます。
なぜ”あんばい”は塩と梅なのでしょうか。

時代は中国の宋の時代(約800年前)にさかのぼります。この時代に、塩味に梅酢を足すといっそうおいしくなることが知られ、”塩多ければ鹹(かん)、梅多ければ酸、両者相半ばすれば塩梅なり”といわれていました。鹹は塩辛いという意味ですが、まさに塩梅の語源です。

この作用は味の抑制効果によるものです。味の抑制効果というのは、異なった2種類の味を混ぜ合わせると、一方の味がもう一方の味の影響で弱く感じる作用のことです。例えば塩梅のように、塩味は酸味によって塩辛さが弱まり、味が丸くなります。漬物が漬かってくると塩辛さが弱まるのは、乳酸菌が発酵中に作った酸が塩辛さを抑えるからなのです。それにすし飯は使う酢に対し8%量もの塩を入れますが、酢や塩の味をあまり感じさせないのは、まさに塩梅のなせる技でしょう。
この配合があってこそ、すし飯の日持ちがよくなったんですからすごいもんです。
  (食品雑記帳HPより)


だそうですがな、パーちゃんよ!
Posted by えち@カンニングす! at 2006年06月08日 00:53
疲れている時は、無理をしないでね!
みんな、ママのこと、ず〜と待ってるよ!
焦らなくても大丈夫!
Posted by 如月メイ at 2006年06月08日 19:38
ママは塩梅作ったことある?
Posted by ポテト at 2006年06月08日 20:00
サリー2号が勘弁したよ♪
Posted by BlogPetのサリー2号 at 2006年06月10日 12:37
ママさんも体に気を付けてね。
またブログの書き込みしてね。
いつも元気が出るよ
Posted by ポテト at 2006年06月11日 21:41
疲れて〜る〜♪ とて〜も〜♪

あぃんしてる〜 馬鹿殿〜♪


空似 他異様があるかぎぃり〜♪

奈良の大仏 シカのぉふ〜ん

ふんふんふん 鉢がとぶ
Posted by さくら 暇っ! at 2006年06月13日 15:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。