2005年11月04日

明治安田生命 あえて 詐欺事件と呼ばせてもらおう

明治安田生命に2回目の業務停止命令が金融庁から出されました。

半年以上前に発覚した事件です。

明治安田に業務停止命令へ、告知義務に二重基準(読売新聞)
 金融庁は18日、明治安田生命保険が個人向け保険の契約募集で、
 健康状態などの告知義務に関して保険業法に違反する説明をしていたとして、 同社に一部業務停止を含む行政処分を発動する方針を固めた。

 明治安田生命の全店で、個人向けの契約募集を2週間程度禁止し、内部管理体制の見直しや再発防止策の提出などを求める業務改善命令を出す方向だ。月内に正式な処分を決める。契約募集の停止中も、保険金支払いなどの業務は 通常通り行われる見通し。

 生命保険の契約時には、健康状態や過去の病歴などを保険会社に知らせる告知義務がある。虚偽の告知をした場合などは、保険会社は契約解除や保険金の支払い拒否ができる。ただ、告知義務への違反が発覚しても、契約してから2年を 超えると契約を解除できないと約款に定めている。

 明治安田生命の営業職員の中に、契約できない病歴がある人にも、2年たてば保険金が受け取れるなどと抜け道を説明し、契約を勧誘していた例が多数あったと見られる。

 一方、約款は保険契約で契約者が保険会社を欺くような行為があった場合は無期限で、契約解除できる規定がある。このため保険金の支払いを抑えたい本社は、こちらの基準を適用して、告知義務違反のあった契約の解除や保険金支払い拒否をしていた模様だ。営業現場の説明で保険金を受け取れると思っていた契約者が本社から支払い拒否などを受けたため、苦情が多く出て、告知義務をめぐる同社の「二重基準」が発覚した。
 (読売新聞) - 2月18日12時13分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050218-00000004-yom-bus_all



要するに、保険に加入するとき、病気のことを隠しても2年以上たてば、契約は
有効になるだとか、

「はい、わかりました。」と保険勧誘員が言っておきながら、
聞いていないことにし、契約者が保険会社を詐欺にかけるような行為の場合は、
保険会社側からの無期限に解約できることを盾に取り、

保険金の支払いを拒否していたということ。



それで金融庁から、業務停止命令が出ていました。



ところが、更に調査が進んで、
例えば、がん保険で契約者本人に医者からがん告知がなされていない場合、


明治安田生命側から特約の支払いをするとがんを本人に告知することになるので、
支払いを拒否していることがわかりました。



永遠に支払われることはありません……。



本人が、がんだと知ったときあるいはがんで死亡したときも支払っていませんが、
「それは事務ミスですね。」と生保側が記者会見で言ってました。




はぁ〜?



こんなに腹がたったのは久しぶり(といっても野田聖子にも怒ってたけど)



ほかにも酒気帯び運転の同乗者に保険金支払い拒否
海に落下死亡事故し、警察が事故死と判断したのに、自殺かもしれないと拒否。





なんせ、100を超える保険会社の保険支払い拒否額の60%を一社で
担っていたのだから、異常にもほどがあります。



だいたい保険金支払い拒否は1保険会社につき一年で1件ほど起こる事件らしく、
明治安田生命は年間200件を超えて支払い拒否していたそうだから、
いかにばかばかしい数字か。



明治生命と安田生命は5年前、合併する際、損保会社との合併話に対抗するため、
年間の保険料の利益を35億円に設定し、
その目標達成のために事業展開してきたそうです。



支払い拒否をしないと目標利益を維持できないという信じられない経営方針に
待ったをかけたものはいなかったのです。



金融庁も遅すぎますよ。



保険は死んでからもらうものと生きてるときにもらってこそ意味のあるものがあります。



いずれにしても、いざというときにもらえなければ、しんどい思いして
「備えあれば憂いなし」のつもりで保険金を支払ってきた被保険者を
救済することは出来ません。



なんで、これが犯罪にならへんのかなぁ。



江戸時代「頼母子講」ってあってこれはネズミ講のようなものですが


   *本来「講」(または「無尽講」「頼母子講(たのもしこう)」とも)とは,
    一定の口数を定めて加入者を集め,定期に各口につき一定の出資(掛金)を
    させ,その毎回の出資金から一口ごとに抽せんまたは入札により金品を給付,
    順次にすべての口にこれを及ぼす契約(これを「無尽」という。)のうち,
    営利目的のない協同的色彩の強いものをいい(営利目的の企業化した無尽は
    「営業無尽」という。),特定の人や施設の救済または維持を目的とする
    「親無尽講」などが存在していた。

それと大してかわらんやん。


払ってくれへん保険会社ってただの詐欺やん。



2回目の業務停止とか軽すぎる。なんで刑事事件にならへんねやろ。
告訴する人も、告発する人もいないのか?



保険の業界も許しておいていいのか?



自浄作用がない金融社会なんてどうすんのよ。



関連記事
明治安田の保険金不払い1053件52億円・社長ら引責辞任へ
 明治安田生命保険は21日、不適切な保険金の不払いが相次いで発覚した問題で、
 引責辞任を表明していた金子亮太郎社長に加えて、経営責任を明確にするため
 宮本三喜彦会長、小沢祐吉副社長も辞任すると正式に発表した。
 過去5年間の不適切な不払いが1053件、約52億円にのぼるとの点検結果も公表した。
 金融庁は近く業務停止命令も含めた行政処分を発動する方針だ。

 社外の弁護士らが作成した調査報告は、旧明治生命保険が収益を拡大するために、
 保険金を支払う際の査定基準を厳格にしたことが、不払い問題を引き起こしたと
 強調した。「経営陣は不適切な不払いの存在を認識してなかった」として、
 会社ぐるみの不祥事との見方は否定したものの、業務の管理や監視態勢の不備などで経営陣に重大な問題があったと指摘した。

 明治安田は金融庁の行政処分の内容を見極めつつ、金子社長ら首脳3人以外の
役職員についても辞任を含めた社内処分に踏み切る。その後新たな経営体制を発足するとともに、経営統治体制の抜本的な見直しに取り組む。

日経新聞http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20051024AT1F2400H24102005.html


↓人気ブログランキングに投票して下さいね
banner_03.gif
posted by 鉄人ママ at 14:23| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔私が被害者だった時も酷い目にあいました。
結局保険会社ってなぜ儲かっているかと言えば
払うべき保険料を払わないからじゃないかと
思うんですけどね。

私は交通事故の被害者でもう一人一緒に
被害にあった人がいるのですが
本当に保険会社って最低だと思いましたよ。
払わない為ならや○ざと同じ事をしてでも
払わないし、相手をみて支払い金額が
変わるんですからね。母子家庭だから
保険金額が安かったって信じられますか?
まぁそんなものです、保険会社。
Posted by 被害者 at 2005年11月04日 19:56
 腹立たしい事件です。他人ごとではすまされませんねこの事件は!。

{元々財閥達が資金集めに起こした事業〜その名残で政府がとことん踏み込めない理由の一つにあるのかも知れない。}

現実問題、会社としての責任は現在も加入者がいる以上〜この問題に対しての影響を考慮しているのでしょう。

しかし、経営に携わる経営役員達や実際にその行動にあったた職員には、個々個人の処遇は厳しく追及する必要があるでしょう!


辞任で逃げるな!!

契約者に対し未払い責任はその身体で支払い!
その不当な行いよって得てきた所得や財産の返還し!。

後に社会的な問題の大きさの責任の追求(詐欺に順ずる行為の刑事敵責任含む)され刑に服することを希望する。
Posted by robin at 2005年11月05日 06:10
ある公安関係者が言ってました。世間で騒がれた事件は必ず、事件にして逮捕すると。

のまネコみたいにもっと世間が騒いで欲しいです
おかしいことはおかしいとみんなが言い続けて欲しいです。
Posted by ママより at 2005年11月05日 09:54
敢て、旧明治の、悪辣ぶりに、腸が、煮えくり返っている!辞任する社長達に、いずれ、退職金を、払う??ふざけるな!!契約者の保険料で、全て、賄っている、様々な、諸費用!一体、何だと、思っている!?明治安田の、責任者!回答を、しなさい!「告知義務違反を指示した、川崎支社、麻生営業所の参与!を、(物的証拠が無い)と、こじつけて、お咎めなし}と、金融庁に報告した、ふてぶてしく、悪辣な担当部長!何も、反省等していない!!今日から、営業開始だが、呆れた事に、川崎支社、登戸営業所は、のんびりと、お泊りの旅行!ときたもんだ!!所長、参与が、音頭をとって!!不謹慎も甚だしい!!{明治生命、気の毒に巻き添えを食った安田生命、}は、この先は無いでしょうね!!解約ラッシユが、到来するでしょう!!しかし、よくも、マア!のんびり旅行を、許したものね!川崎支社!!反省をしていない、証拠!!一部の、営業員が、出かけたそうな!!呆れた連中だ!!皆様、こんな事で、契約者優先の、正しい募集活動が、特に、旧明治の、参与、営業員どもは、出来ますか??のんびり、旅行と、伝わってきて、唖然としています。  皆様、どう思いますか??
Posted by moon eve at 2005年11月18日 21:56
この事件が世間であまり取りざたされないのは本当に残念ですね。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月19日 11:04
鉄人ママさん、(上記の処分明け当日の旅行の件は、東京新聞に掲載されました。) 他のBLOGで、読みました内容ですが。「東京国税局」は、代理社の「特別の利益の提供」に対し追徴税額十数億円に上ると見られる。これらは、単なる申告漏れとは、見ず重加算税の対象と。 ここまでくると、「悪辣生保」のレッテルは生涯消えないと思います。しかも、この様な税金などは、契約者の保険料からなんら反省等無く支払われる!!これは、犯罪です。この事実を、鉄人ママさん!もっと、皆様に発表して下さい。お願い致します。 悪を許せない者です。
Posted by moon eve at 2006年04月10日 11:57
力をかしてください。 生命保険会社だけ許される…
犯罪行為を堂々と認め 警察にまで 被害者の顧客をクレマーと先回りし伝え、通帳までつくり、印鑑 サインなど偽造は不手際といい、保険会社側は、此方の情報を全てしっているのに 顧客には 非通知で電話し、生命保険のサービス部長が生命保険相談所支社長を呼び捨てにし、生命保険相談所支社長は、相談をしてきた私に向かって 国と戦争する気といい、終身であって終身でない保険と堂々と
Posted by 舞 at 2015年09月04日 01:47
確かに、明治安田浜松市は、むちゃくちゃですから
Posted by at 2016年12月19日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。