2005年11月08日

女性天皇っていたよね?

天皇制について、わかっていそうでわかってない言葉、「男系男子」????

この記事は天皇制について云々(うんぬん)するものではありません。


世間を騒がせている女性天皇についての意見を述べるわけではありません。



ただ、「男系男子」という言葉の意味を判らないままで議論している人がいるような気が
して、(少なくとも私は、生まれて初めて聞きました。「男系男子」)
ちゃんと知った上で、考えようと思ったから、書きました。




@女帝とは、男子天皇の子である女子の皇族が天皇になることで
 過去すべて、これにあたります。

 この後は、男系の天皇(男帝)に戻っています。宮内庁は「つなぎ」といいます。



 なんだかむなしい言葉です。「つなぎ




 つまり過去の女性天皇は「特別な事情によるやむを得えない臨時的措置」であって、
 女性天皇の系統がその後皇位についた例はなのです。

 このことから、「女性天皇を認めないのが日本歴史上の伝統である」との見解が
 生まれたのです。



A女系とは女帝が産んだ子が天皇になり、その系統が皇位を承継することで、
 前例がありません。

 例外的に44代元正天皇は、奈良時代の女帝で、
 母が43代元明天皇であったから、女系といえない こともないようです。

 でも父が、天武天皇と天智天皇の皇女(後の持統天皇)との間の男子(皇太子)
 である若死にした草壁皇子(くさなぎのみこ)であったところから
 女系には入らないとされています。



B最初の女性天皇(女帝)の推古天皇持続天皇など、
 8人中6人は飛鳥・奈良時代にかけて出現しています。
 あとは江戸時代に2人の女性天皇が生まれました。



C女性天皇出現の事由は大きく3つに区分できます。

 第1は外戚(がいせき=母方の親戚〔(しんせき)。げしゃくとも。
 なお、父方の親戚を内戚〔ないせき〕という。内孫・外孫とおんなじですね。)
 の権勢による場合。

 例えば、夫の敏達天皇死後の皇位継承争いの中で、蘇我馬子の意向を受けて
 即位した推古天皇
 藤原氏の権勢確立のために歴史上初の女性皇太子となり即位した孝謙天皇
 (重祚して称徳天皇)などがこの例です。


 第2には皇太子が幼少のため、中継ぎ的に継承した場合。
 
 皇極天皇
元明天皇はこの例です。

 江戸時代の2人の女性天皇(明正天皇後桜町天皇)も中継ぎ的な女性天皇でした。


 第3には自分の意思で即位した場合。持続天皇の例 があります。



D女帝8人とも、夫を亡くした寡婦か生涯独身であり、
 本人が亡くなったあとは男系の天皇に戻っています。



E44代元正天皇から117代後桜町天皇までの4人は、配偶者がいません。

 女系の子が生まれることを恐れて結婚させなかったといわれています。



F37代斉明天皇が、35代皇極天皇の重祚(ちょうそ・じゅうそ=一度退位した
 天皇が再び皇位につくこと。祚とは位のこと)。



G48代称徳天皇が、46代孝謙天皇の重祚。なお、重祚はこの2度だけです。



H33代推古天皇から43代元明天皇までの4人は、皇后か皇后に準ずる人で、
 夫の天皇の死後、即位しました。



I46代孝謙天皇は、奈良時代に奈良の大仏を作った第45代聖武(しょうむ)天皇と光明(こうみょう)皇后と の間に生まれた第2皇女。女性ではじめて皇太子になりました。
 
 ただこれには、たった1人の皇太子であった弟の基(もとい)王が早死にしたので、
 聖武天皇と別の妃の間に生まれた子に皇位を奪われないよう大急ぎで
 皇太子に立てられたという背景がありました。



J1630(寛永7)年に即位した109代明正天皇 は、第108代後水尾天皇
(ごみずのおてんのう)の皇女で、母は徳川2代将軍徳川秀忠と正室お江与の間に
 生まれた娘の和子であったため、葵の帝(みかど)といわれました。



K117代後桜町天皇は、1763(宝暦13)年に 即位した最後の 女帝で
 115代桜町天皇の第2皇女。



L以上の事情から、日本では「男系男子」による皇位の継承は古代からの大原則で、
 皇位が世襲で男系の男子が継承するという概念は遅くとも8世紀頃の段階で
 朝廷の通念として定着したと考えられています。

 これが明治憲法制定と同時に同時に公布された旧皇室典範で成文化されたのです。



M戦後、憲法が改正され第14条で「法の下の平等」の原則が確立されましたが、
 当時の帝国議会の議論では、新憲法の理想とする男女平等の原則と
 皇室典範での男系皇位継承の原則が相容れなく、皇室典範によって
 憲法の原則が破られるとの批判が起き、女性天皇を認めようという意見もありました。

 しかし政府はこれを拒否。 

 当時皇族男子には現明仁天皇のほか、常陸宮、三笠宮寛仁親王の3人がいました。



N女性天皇問題は、日本の伝統に基づく男系男子主義のほか、
 皇配(こうはい)殿下(女性天皇の夫)の問題があります。

 日本にはヨーロッパ諸国のような皇配についての習慣や国民的合意がなく
 (イギリスやオランダでは〔女王の夫君〕についての伝統が確立されています)、

 皇配に関しても、皇配をどの範囲から選ぶのか、皇配を皇族とするのか、
 女性天皇と皇配との間に生まれた子供に皇位の継承(女系)を認めるのか等、
 種々の課題があります。




 愛子様が天皇になることが問題ではなく、もし愛子様が天皇になられたとしたら、
 その後が問題なんだってわかりました。




 私が今とても、気になるのは、女性天皇問題の有識者会議のメンバーのなかに
 皇室関係者が一人で、皇族の方がいないという点です。



 自分達に直接関係していることなんだから、本当は自分達でお決めに
 なりたいでしょうし、 少なくとも意見は言いたいですよね。 



*参考
吉川 弘之 産業技術総合研究所理事長、元東京大学総長
岩男 壽美子 武蔵工業大学教授、慶應義塾大学名誉教授
奥田 碩 日本経済団体連合会会長
久保 正彰 東京大学名誉教授
佐々木 毅 前東京大学総長
笹山 晴生 東京大学名誉教授
佐藤 幸治 近畿大学法科大学院長、京都大学名誉教授
園部 逸夫 元最高裁判所判事
古川 貞二郎 前内閣官房副長官
 
政府側  内閣官房長官 、内閣官房副長官、内閣官房副長官補、宮内庁次長、
      内閣総務官、 内閣審議官、内閣審議官、内閣審議官

↓人気ブログランキングに投票して下さいね
banner_03.gif


posted by 鉄人ママ at 12:56| 大阪 ☀| Comment(22) | TrackBack(24) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TB、そして詳しい情報を
ありがとうございました。
こちらからも送らせていただきます。
Posted by 喜多龍之介 at 2005年11月09日 10:23
>喜多龍之介さんへ

この問題は詳しく書いている人が多いですね。
私としては活発な意見交換を望みます。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月09日 11:26
「ヒューマンスタイル.com」へのトラックバック、ありがとうございました。
こちらの記事を読んで、歴史上の女帝について改めて勉強し直す事が出来ました。
Posted by ニッシー@「ヒューマンスタイル.com」管理人 at 2005年11月09日 13:17
>ニッシー@「ヒューマンスタイル.com」管理人さんへ

この問題について詳しいサイトはたくさんありますが、私はわかりやすく、思想的に偏らないように注意して書きました。

参考にしていただけてうれしいです。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月09日 14:07
TBありがとうございます。

このブログの他のエントリーも覗かせて頂きましたが、含蓄の深い記事が多いですね。
思わず唸らされました。

また訪問させていただくと思います。
本日は本当にありがとうございました。
Posted by 三輪の何某 at 2005年11月09日 19:49
はじめまして。TBどうもありがとうございました。
大変に丁寧で分かりやすく、しかもやわらかい物腰の記事で、国民の多くの方々に問題意識を広げてくれることができそうな気がしました。これからもこの問題については是非色々とご発信ください。そして、皆で考えてまいりましょう。
Posted by 猫研究員 at 2005年11月10日 00:22
>三輪の何某さんへ

ありがとうございます。
この問題は難しく、でも知らないうちになんとなく流される、小泉流に巻き込まれてはいけないと思って、わかりやすいように書いたつもりですので、褒めていただいて、うれしいです。

また来て下さいね。

>猫研究員 さんへ

宗教観とも関係ある問題なので、意見を言うのが難しいですが

>>、国民の多くの方々に問題意識を広げてくれることができそうな気がしました。これからもこの問題については是非色々とご発信ください。そして、皆で考えてまいりましょう。

わたしもそう思いますので、また、考えてもっと
いい記事が書けるように頑張ります。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月10日 14:18
TBありがとうございます。
男系天皇というのはこの件が話題になって私も始めて知りました。
大変興味深い話ではあります。
その伝統を壊すのが許せない人がいるようですが、その理由がよくわかりません。
Y染色体にこだわるのはなぜかという話題には興味はありますが。

あと、女性天皇問題の有識者会議に皇室関係者がいないのはしょうがないと思います。
天皇は自分の身を自分で処せないところに象徴的な存在感があるようにも感じます。
以上、戯言でした。
Posted by 越中。 at 2005年11月11日 04:50
2000年だか、3000年だか続いた伝統は実は1945年に終わっていたのだと認めることは人間にはなかなかできないんですよ。

あと、天皇が参加できなくても、皇室関係者はたくさんいらっしゃると思うので、意見をいってもいいと思いますが。

象徴でも人間ですから。

伝統を守りたい人のなかには、象徴でなく神と思ってる人もいるので、天皇が参加するのは無理でしょうが。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月11日 09:32
トラックバックありがとうございます。
伝統を別の見方をすると、明治以前、日本にはまげと日本髪の地球上唯一の文化がありました。が、一旦やめてしまうともう二度と戻りません。
もう二度と戻らない(将来的に皇室消滅も含む)、という決定事項が迫っている。
将来の日本に対する責任として、そこがわたしは恐ろしい。
Posted by たたみ at 2005年11月11日 17:24
>たたみさんへ
>>将来の日本に対する責任

そうですね。将来を作っているのは私達ですね。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月11日 18:25
わざわざTBいただきましてありがとう。

>愛子様が天皇になることが問題ではなく、もし愛子様が天皇になられたとしたら、その後が問題なんだってわかりました。

問題っていうより、彼は女系は認めたくないってことを意見してるんですよ。愛子さんが即位するのはいいとしても?愛子さんが誰かと結婚してもその人との間に生まれた子供には男だろうと女だろうと天皇にはさせず、養子をとらせる?
あきれてさらにあいた口がふさがらない思いがいたしますが?

>私が今とても、気になるのは、女性天皇問題の有識者会議のメンバーのなかに皇室関係者が一人で、皇族の方がいないという点です。

政治問題で口出しできないのですが、会報は(自分が会長を務める福祉団体の会報)市販されておらず、身内の小冊子だからといういい訳のもと述べたようですよ?

>自分達に直接関係していることなんだから、本当は自分達でお決めになりたいでしょうし、 少なくとも意見は言いたいですよね。

「皇族の方々ご自身で」決めることではないと思いますが?国民が決めることだと思いますよ。
「意見」ならすでに述べてると思います。政治問題で口出しできないのですが、会報は(自分が会長を務める福祉団体の会報)市販されておらず、身内の小冊子だからといういい訳のもと述べてますよね?新聞の1面に掲載されてました。
Posted by at 2005年11月15日 17:02
>「意見」ならすでに述べてると思います。

それは一人の意見で、皇族を代表しているとは思わなかったんですけど。

国民が決めることでも、意見は言ってもいいんじゃないかなと思いますけど。

案外、皇族の中で意見が分かれていて、言えないような気もしますが。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月15日 17:36
すみません、簡単にしか載せてありませんが、
女系天皇に対する思いをTBさせていただきます。
私の調べは、伝統だけを重視しているのではないということです。
易姓革命がおきて、安泰できる国はあったかな?
という思いです。
Posted by サラ at 2005年11月16日 22:31
トラックバックありがとうございました。

この問題に関してはどっちの方がいいとか悪いとかではなく、正しい知識を広げたい思いで記事を書いております。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月17日 10:10
すみません、昨日、TBさせていただいたのですが、URLを間違えてしまったかもしれません。
私としては、鉄人ママさまのように、皆さんが
とてもわかりやすいように、記事を載せてくだ
さって、とても嬉しく思います。
私も、私なりに日本の将来のことが、今、ここに
のしかかっているように感じてTBさせていただき
ました。
専門の方のように、1つ1つ詳しく長くは載せら
れませんが。
失礼いたしました。
Posted by サラ at 2005年11月17日 12:34
ありがとうございます。

日本人とか、愛国心とか、日の丸とか
もっとフランクに話せるような世の中になればいいなと願っています。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月17日 12:40

もう少しこの問題を身近なものとして良く考えてほしいなぁとおもいますね。
「いーじゃん、どーでも」って方々に。
ちなみに、、、
皇統の男系男子の現代の科学的根拠はこちら↓

http://blog.mag2.com/m/log/0000000699/106528582?page=1#106528582

ちなみに教科書に載ってない歴史はこちら↓

http://www2s.biglobe.ne.jp/〜nippon/jog/jog_index_frame.htm

なんかが参考になるかと。
けっこう間違った歴史を覚えてきたんだなぁ。。。としみじみする今日この頃。
Posted by kanae at 2005年11月25日 12:59
はじめまして とても勉強になりました。
最初は単純に 愛子様が天皇でもいいじゃんと思っておりましたが、女系だの男系だのと言う存在を知り

そんな違いがあるんだと 知った一人です。
良いことなのか どうなのかはまだはっきりとは言えないのですが

ただそんなに1首相の私的な会議での決定事項がこうも簡単に新聞に大々的に取り上げられ
しかも女性天皇には70%の人が賛成しているなどの記載が新聞でされているのですが

この辺がどうもきな臭い(笑)

鉄人ママさんがお書きになっておられる 愛子様が天皇になられたそのあと

今までの長すぎるほどの歴史をそうも簡単にやすやすと代えていいのか?

本当にいいのか?第二次世界大戦の後と前では、
天皇と言う存在も良くわからないままの私のような人間が40を過ぎています。

もっと多くの人が知り 考えてみてもいいんじゃないかな?
そんな風に思います。
Posted by いずもまり at 2005年11月25日 22:43
ひとつの制度を変えるといろんなところにひずみが出ますよね。

全体のひずみも考えた上での結果ならいいんですけど。

私も女系とか反対でもないし、賛成でもないけど、一方的に話がひとつの方向に流れるのは素直に受け取れなくなります。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月26日 00:33
備忘録から来ました。

まぁ、天皇の問題をこうも高々と議論できる世の中、これぞ言論の自由を謳歌できる国民と言う感じでしょうかね。

喧々諤々、あちらこちらで論議されていますが、男系一本で来た(と言う事に歴史上なっている)という所「だけ」に天皇の天皇たる所以がある訳で、それは国内に留まらず「世界的な認識」なのであります。

ぶっちゃけて言えば、我々の生きている間に「女系」に変わってしまい、様々な問題(皇位継承、愛子様・かこ様・まこ様に婿が来るか?など)の中で「天皇制は存続不能」となる可能性も少なからずあり、果たして未来の子々孫々に胸をはれるかって僕なんかは思う次第で。

下手すれば2600年以上の伝統に終止符を打ったのは我々の世代、と言う事になり兼ねない恐ろしさがあります。頼朝も尊氏も信長も秀吉も家康も滅せられなかった天皇を。
Posted by さとし at 2005年11月29日 22:10
もうこの流れは止まらないでしょうね。

力でかえられなかったものが、かわっていくのを見ているといろいろ考えさせられます。
Posted by 鉄人ママ at 2005年11月30日 09:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

女帝論
Excerpt: 愛子様が皇太子の次の天皇になられるのか、
Weblog: 語り合おう
Tracked: 2005-11-08 20:14

皇室典範に関する有識者会議第九回
Excerpt: 皇室典範に関する有識者会議(第九回)議事要旨平成十七年七月二十日(水)午後四時〜六時於総理大臣官邸大会議室出欠表○出席 ×欠席 △遅刻 ?不明・皇室典範に関する有識者会議メンバー    第一二三四五六..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2005-11-08 23:52

日本:女性天皇と女系天皇はベツモノ@BBC
Excerpt: おひさです。行方不明だった数日間に色々とニュースがあったようですが、更に翻訳仕事があるのでボチボチ気負わず拾っていきます。リクエストあればコメント欄にどうぞ。 …………………………………………………..
Weblog: 今日の覚書、集めてみました
Tracked: 2005-11-09 10:24

女性天皇・女系天皇
Excerpt:  政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大学長)は25日の第14回会合で、最終報告の取りまとめに向けた意見集約に入る。皇位の安定継承の観点から、女性・女系天皇を容認する方向だが、皇位..
Weblog: 〜怪物の鱗〜
Tracked: 2005-11-09 11:57

天皇の心
Excerpt: 元来、天皇というのは神道の神主の中にあって、最高位に位置する存在です。ちょうどローマ=カトリック教会の最高位がローマ法王であるようにです。昔から神主は「言挙せず」といいます。(<言挙>ことあげ:ことさ..
Weblog: 日本人の魂の蘇生のために
Tracked: 2005-11-09 12:42

終わらない戦後、皇室受難
Excerpt:  刑罰の与え方の発想として、いわゆる刑務所に入れるのとは別に、公民権を停止して、ボランティア参加などをさせて更正を図る手法があります。 この手法をいち早く取り入れたのが、「天皇の戦争責任の果たし方」で..
Weblog: すーさん’s アイ
Tracked: 2005-11-09 12:42

三笠宮寛仁殿下
Excerpt: 久し振りに肯定的に受け止められるニュースがあった。 それがこれです。ソースはこちら。 このままズルズルと持っていかれたら果してどうなるのか。 そう心配しておりましたが、ようやく皇室周辺から声..
Weblog: 我龍窟
Tracked: 2005-11-09 14:21

日本の正統を護れ
Excerpt: 皇室典範改正、慎重審議求め声明 女系天皇反対の学者ら2005年10月21日19時18分 首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が、母方だけ天皇の血筋に属する女系天皇も容認する方針を固めたと伝..
Weblog: 世よ!
Tracked: 2005-11-09 15:20

女性天皇について思うこと。
Excerpt: まず言ってもしょうがないことから、行きますか。 一番悪いのは誰かって、直系男子に、こだわりすぎていた宮内庁がまず悪いと思っている。まあこれは、古墳調査などの許可を出さないことなどからの、旧態依然とし..
Weblog: 猫煎餅の偏頭痛ブログ
Tracked: 2005-11-09 18:01

女系天皇問題??
Excerpt: 東京新聞 女系天皇容認論を懸念 三笠宮寛仁さま 会報のコラムに私見  三笠宮寛仁
Weblog: 一日考察 色々な感想
Tracked: 2005-11-09 19:34

女系天皇前提に「長子優先」提案−有識者会議
Excerpt:  予想通りの成り行きではあるが、皇室典範に関する有識者会議は「女系容認、長子優先」で最終報告をとりまとめそうだ。ただし、「国民が納得できる説明が必要」として、皇位継承順位に関しては長子優先か男子優先か..
Weblog: 猫研究員の社会観察記
Tracked: 2005-11-10 00:19

喪われたもの
Excerpt: unnameさんがいろいろと調べてくださった ここで紹介 探し回って見つけたもの...
Weblog: Let's blow!毒吐き@てっく
Tracked: 2005-11-10 01:44

女系天皇を科学する
Excerpt:  改めて申し上げますが、女性天皇には反対していません。  でも、女系天皇には反対です。
Weblog: The Blog of ウラ達ネット
Tracked: 2005-11-10 01:50

女系天皇容認問題の私心〜付録:簡易皇室遺伝図
Excerpt: ちょっと今まで触れていませんでしたが、三笠宮殿下がご発言なさったという記事を佐倉純さんの桜日和で紹介されていたので私も少し触れておきます。〜引用開始〜三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー..
Weblog: ニッポンのこれから
Tracked: 2005-11-10 18:50

女系天皇ってさ・・・
Excerpt: 弟に女性天皇と女系天皇の違いを一時間延々と説明したのにさっぱり手応えがなく疲れ果てたタカノです。 ニュースステーショングッジョブ!!! みなさんどうですか。 女系天皇賛成ですか。 たぶ..
Weblog: タカノ雑記
Tracked: 2005-11-10 20:16

家名と血筋
Excerpt:  氏姓というのは、本来職業と組合わさっているものである。  生まれ育った血筋をあらわす、というのは、もしかしたら日本で育まれた考えなのかもしれない。  でなければ、「家名を継ぐ」「養子に入る」などとい..
Weblog: どこかにある場所
Tracked: 2005-11-10 22:45

皇位継承について1 リジョインダー
Excerpt: うにゃ・・・なぜかいろいろメールが来る できたら、コメントにしちくり・・・別にこ...
Weblog: Let's blow!毒吐き@てっく
Tracked: 2005-11-11 03:42

「女性天皇」
Excerpt: まぁ政府としては女性天皇を容認しようという流れのようである。 ンマー俺としてはどっちでもイイ話しで、天皇制がうまいこと機能してくれればイイと思っている。 だけど、どうやら女が天皇になったらイヤだっ..
Weblog: 恥争論
Tracked: 2005-11-11 04:52

「トヨケカミ」が伝えたもの・・・女性の役割
Excerpt: 第5代タカミムスビ「トヨ(ウ)ケ」のタマキネさん。第7代のアマカミ・オモタルに
Weblog: びーちぇの「ヲシテのクニ」
Tracked: 2005-11-11 08:39

女性・女系天皇
Excerpt: 注意しなければならないのは、女性・女系天皇容認論をおっしゃる方のなかには天皇制廃
Weblog: たたみのコラム
Tracked: 2005-11-11 17:27

女性天皇に反対論?! 愛子ちゃんは天皇になれるか
Excerpt: 皇室に男の子が全く生まれないという現実を前に、8割にのぼる国民の容認を背景にして、一気に皇室典範を改正しようとしていた政府。しかし、そう簡単にはいかないかもしれません。 一部の学者と国会議員から..
Weblog: Make Your Peace
Tracked: 2005-11-11 23:09

三笠宮寛仁殿下『女帝反対論』の重み(平沼赳夫氏インタビュー記事)
Excerpt: イベント告知! ■皇室典範改惡沮止!「草莽崛起国民大会」
Weblog: 新・へっぽこ時事放談
Tracked: 2005-11-14 02:54

紀宮さま、ご結婚おめでとうございました。日本を愛する「普通の主婦」の思い!
Excerpt: 昨日から、胸が感激でいっぱいです。 昨日の紀宮さまのご婚礼の放送を昨日も、今朝も感激しながら 見ました。 なんと清楚で、美しい上品な立ち振る舞いか!! 紀宮さまを通し、本当に天..
Weblog: 40代、第2の青春真っ盛り!!まだまだ負けぬぞ〜、アフィリエイトでハッスル!!
Tracked: 2005-11-16 22:58

皇室典範改正をさらに良く考えてもらうよう陳情しましょう
Excerpt: 皇室典範の改正は、知識を持たない「有識者会議」とやらの改正案をそのまま国会に諮る流れとなっています。しかし、これは断じて認めることはできません。皆さんで陳情してください。国民の声が力です。参考資料:こ..
Weblog: ニッポンのこれから
Tracked: 2005-11-28 01:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。